毎日届くメールは、それが自分にとって要るメールか、要らないメールか、チェックをします。どんな相手からメールが来るのか全部把握出来ていればいいのですが、見慣れた送り主、アドレスに混じって、妙なメールが来ることもあるかと思います。

怪しげな件名、送り主を目にすると開封する気にすらならないかと思いますが、マウスで選択して開封している内に、うっかり開けたくないメールまで開けてしまったこと、ありませんか? 問題の無いメールをたまたま開けただけなのならいいのですが、中には出会い系の誘いのメールや、いろんなリンクをべたべたと貼ったメールが送られてきていることもあります。

そんなメールだった場合は、とにかく無視ですね。未開封にし直すなどして、見なかったことにしてしまいましょう。しかし、もしウィルスメールだった場合は、メールを開いた時点で感染してしまっています。

パソコンにつないであるモデムからの線を外す、という説がありますが、効力はあまり期待出来ないでしょう。ウィルスに感染してしまったら、その対策を調べるしかありません。もし悪質サイトからの請求メールだったら、再度未開封にするというのは効果があります。

ワンクリック詐欺なら内容を見てしまっていますが、ダブルクリック詐欺であった場合、脅迫の内容は目に入りません。もちろん架空請求なので無視すれば問題ありません。どんな無理難題な、めちゃくちゃな請求、要求、脅迫をされようと、目に入らなければ無いも同じなのです。

何にせよ、開封しないに越したことはありません。うっかり開封してしまうことは避けましょう。マウスでのスクロール、選択には気をつけ、注意を払いたいものです。送り主のわからないメールは様々な危険をはらんでいるので、一回のミスがとんでもないトラブルを引き起こし、後々長く引きずる、なんてこともあり得るのです。

関連記事